読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何重奏かわからない

ADHDで二次障害ありで他にもいろいろ

鬱で休職した先生

私の中学時代の副担任の先生はかつて鬱で休職したことがある先生だった。何で知ったかと言うとその先生自身が学年集会で告白したからだ。今メンヘラである私はその先生の存在に疑問を抱いている。

先生は順風満帆な人生を送っていた。高校も大学も県で一番の学校に志望通り合格し、教員採用試験も一発で合格。結婚して娘も生まれ幸せなはずだったのだが突然何をするにも憂鬱な気分になり…という経緯だったのだそうだ。こんな話を聞いたら普通は同情すると思うけどそうではない。私の友達はその先生にいじめられて部活を退部したからだ。

その友達は美人で成績も良くてスポーツも出来、何より優しい女の子だった。だけど先輩たちから激しいいじめを受けた。いじめられていたのはその子だけではない。もう一人やっぱり美人で頭の良い子も早々と退部に追い込まれた。理由は絶対にひがみだと思う。その部活には不穏な空気がすでに流れていた。いじめはあからさまだったが、先生は止めもしなかった。それでもなんとか先輩が引退するまで辛抱し続けた友達だったが、今度は代わりに先生が友達に理不尽な叱責をするようになった。授業では生徒のまえでその子をあげつらって笑い、部活では激しい叱責。耐えられなくなった友達は退部を願い出た。すると先生は部活集会を開き、部員一人一人にその子の欠点を言うように命令した。部員は先生の言われた通りにした。友達が部活内で唯一信頼し、よく相談していた子まで。(「相談が負担だった」と言ったらしい)そんな地獄のような部活集会を経てようやく友達は解放された。

今メンヘラになった私はその先生の存在がますますわからないでいる。おそらく鬱の他にも…と思うのだが。鬱で休職まで追い込まれた先生はなぜ生徒いじめに走ったんだろう。先輩からのいじめとは違って理由がわからない。多分その先生は今でも寛解していない気がする。今もどこかで生徒をあげつらって笑ったり、吊るし上げたり、理不尽に叱責しているのだろう。